674c77088db50a33d983952096b60ce0_m


新潟県沖に浮かぶ佐渡ヶ島といえば、『古事記』にも登場した由緒ある島。

佐渡ヶ島は古くから金が採れる山としても有名で、現在、地元の佐渡市を中心に金山関連の遺構を世界遺産にする運動も活発です。

最近では佐渡をPRする謎の動画が話題ですね。

【参照】最近の地方自治体PR動画がヤバいと聞いて

スポンサーリンク



そんな黄金の島、佐渡の博物館で金塊が盗まれるという事件が起きてしまいました!!!

盗まれた金塊、実はレプリカ 本物の銀塊は無事 佐渡

新潟県佐渡市の佐渡金銀山の一角にある相川郷土博物館で17日未明、展示されていた金塊のレプリカ5枚が盗まれた。同じ展示ケースには銀塊3本もあったが、こちらは無事。犯人は模造の金塊を本物と思って盗み、本物の銀塊には手をつけなかったとみられる。

朝日新聞デジタル

記事を読むと、相川郷土博物館に侵入した犯人は金塊のレプリカだけを盗って逃走したようです。同じ展示には銀塊もあったようですが、それには手をつけなかったらしいですね。

まさに「金がいいですぅ」という感じだったんでしょうか?



さて、この犯人は犯罪を犯したことには変わりないので、罪には罰を!ということで、とっとっと捕まってくれ。

金塊に目がくらむのは古今東西誰も同じ。

でも、犯罪はいけませんね。

今回の件で、たとえ田舎の博物館といえど、防犯対策は厳重にしないといけないことが改めて確認できました。

人目の多い大都市にある博物館よりもむしろ、人の少ない田舎こそ、防犯はしっかりしないといけなそうですね。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット