main_181
(出典:海上自衛隊ホームページ)



開港150周年を記念した「海フェスタにいがた」で盛り上がる新潟市は海の日の16日(月)に行われる航空自衛隊のブルーインパルスの航空ショーが話題ですが、海上自衛隊も負けていません。

海自も大きなイベントがあります!



新潟開港150周年記念の一環で、新潟東港で海上自衛隊が保有する大型の護衛艦「ひゅうが」の見学があります!!!

main_181


「ひゅうが」は全通甲板型(空母の甲板)の護衛艦であり、ヘリコプターなど航空機を搭載可能な大型の艦です。

全長は197メートルで、この前記事にした村上の流しそうめん(200メートル)とほぼ同じです(比較対象がおかしい)。



自衛隊にある程度詳しい人は「ひゅうが」がどれほど価値あるかわかるでしょう。


スポンサーリンク


余談ですが、「護衛艦」なんて艦種は世界基準だとないんですよ。

軍隊を持たない日本独特の言い回しです。配慮なんてしなくていいのに…

え?ダメ?笑



護衛艦「ひゅうが」一般公開

【期間】2018年7月14日(土)~16日

【時間】各日とも10時~16時(15時受付終了)

【場所】新潟東港 東埠頭1号岸壁

【お問い合わせ先】025-285-0515


詳しくは下記リンクから確認してください。

海フェスタ公式ホームページ



「ひゅうが」に「ブルーインパルス」、この週末はミリタリーな週末になりますね。

16日にはブルーインパルスもあるので、どちらも見たい人はなるべく14日か15日に行った方がいいですね。


スポンサーリンク



さて、話題はちょっとだけ専門的になりますが、この「ひゅうが」をはじめ、その後建造された「いずも」など大型の艦に短距離離陸・垂直着陸可能な艦載機F-35Bを運用する案が何年か前から一部で出ていましたね。

こちらが「いずも」です。500名近い人員が乗ることができます。

main_183
(出典:海上自衛隊ホームページ)


そしてこれが空自のF-35A。

f35img0003
(出典:航空自衛隊ホームページ)


これの兄弟のF-35Bが短距離離陸・垂直着陸が可能な機体です。でも、今のところ空自にはF-35Bの配備予定はなし。



現状では空母打撃群は実現しないようです。