tatehana_slide5-min-1
(出典:八戸観光ナビ)



青森県八戸市の岸壁に約300もの露店がひしめく館鼻岸壁朝市が開幕しました!!!

2019年の館鼻岸壁朝市は3月17日~12月に毎週日曜日に開催されます。


新潟市民にとっては、蒲原祭りが毎週日曜日に行われているような感じですかね。


館鼻岸壁朝市で売られている食べ物は謎なものが多いことでも有名。特に幼虫グミのようなイロモノまであり、とにかく話題性が高いです。

日本最大級の朝市「館鼻岸壁朝市」|八戸観光ナビ

館鼻岸壁朝市公式ホームページ


うん、すっごい行ってみたい!!!

こういう巨大な朝市が新潟でもあったらな~


スポンサーリンク



もちろん、露店の王道である串焼きや揚げ物、野菜・果物、花、総菜などたくさんあります。




個人的にはサバコロッケを食べてみたいですね。値上がりしても100円という安さ。

漁港が近いだけあり、海産物を使った食べ物が多い印象を受けます。行列ができる小籠包屋さんもあるので、そちらも見逃せません。



ちなみに、高知県の土佐の日曜市、石川県の輪島朝市も日本屈指の巨大朝市です。


スポンサーリンク



一方、台湾やタイなどアジア諸国では夜市が盛んですよね。

特に台湾は夜市文化が社会の隅々まで浸透していて、単に台湾人の台所となるだけでなく、外国人観光客を引き寄せる重要な観光資源にもなっています。

韓国もここ数年、ソウル、プサン、テグなど大都市を中心に夜市が新設される傾向にあります。



日本にも夜市文化が根付けばどれだけいいか…


新潟で週に2回くらい開かれる、こういう巨大な朝市・夜市をオープンさせたいという思いがますます強くなりました。



【関連記事】