2019-07-07_0054
(出典:内閣官房長官・衆議院議員 菅義偉 ホームページ)



7月27日、菅官房長官が観光をしながら仕事もする「ワーケーション」なる概念を提唱して話題になっています。

まぁ、想像できることですが、ワーケーションに対してはネット上で否定的な意見が多くみられました。

仕事を忘れて楽しい気分で旅行している時に自ら仕事を持ち込みたくないですよね。

もっとも、国によってワーケーションが強制されているわけではないので、そういうスタイルもいいという人はワーケーションをすればいいんじゃないですかね。

また変な造語ができたのは残念ですがw



ところで、新潟の人にとって「ワーケーション」っていうワード、若い人を意味する「若けぇしょ」に聞こえませんか?

聞こえにくかったときに「若けぇしょ」に聞こえます。

「しょ」ってのは「人」を意味する新潟の方言(多分、新潟だけ?)です。


最初にワーケーションと聞いた時に感じた妙な感覚はこれだったんですねw


ワーケーションの是非はさておき、新潟弁に聞こえた新たな横文字。

横文字に限らず、この手の言葉を流行らせるのは小池さんの方がセンスがありますね。



関連記事
海水浴場にある「浜茶屋」は一部の地方でしか通じない?そんなバカな!?

自動車教習所って何て呼んでいた?新潟の呼び方は異端だった

#どこ出身かバレる発言 は新潟ネタも豊富