IMG_20200907_141813



新潟市の古町6番町にある商店街のシャッターをアートに変わっています。

NegiccoのNao☆さんが描いたというレルヒさん×アルビのアートの他にも、古町6番町に新しいシャッターアートが出現しました。  

IMG_20200907_141536 


可愛いパンダもいます。

IMG_20200907_141813


すごい立体感です。


こちらがNao☆さんが描いたアートです。

IMG_20200816_151605


レルヒさん、アルビ、バックにはビッグスワンという新潟の要素が入っています。

古町でNao☆さんが描いたシャッターアートを見て来た



ただ定休日という理由でも、シャッターが閉まっているお店が多ければ街は寂しくなるもの。

でも、シャッターがアートになれば、街歩きも楽しくなりますよね。

そして、そこに描かれるアートが新潟を象徴するものだと、郷土愛がもっと深まるかもしれません。



今後、閉めているシャッターに提携企業の広告を貼って(ペイントして)副収入を得る… なんてこともできそうですが、どうなんですかね。

歩行者の多い土曜日や日曜日が定休日でシャッターを下ろすお店にとって、この広告ビジネスはいいかもしれません。古町でも、なんだかんだ休日はけっこう人歩いていますからね。


このシャッターアートはしばらく展示されていると思うので、気になる人はぜひ見に行ってみてください。



関連記事
古町の象徴、老舗書店「北光社」が入っていたビルが解体され、マンションが建てられる

「新潟三越」跡地再開発に新たな動きがあった