ハッピーターン



新潟市が世界に誇る亀田製菓のロングヒット商品「ハッピーターン」の包み紙で作られたドレスが公開されました。まるで本物の布で作られたドレスのようです。

これは @nokyo3 さんが制作したものらしいですが、その発想力に尊敬します。


「ハッピーターン」一つ一つを包んでいる包み紙は確かに赤いラインが入っていますが、それが集合すると、全体がかなり赤っぽい感じになるんですね。

1枚を眺めるだけでは絶対に気づきませんね。




お菓子の包装に関して、意識高い系高校生が新潟の二大製菓メーカーブルボンと亀田製菓にクレーム入れたことがありましたね(クレームって表現に語弊あるかもだけど)。

亀田製菓とブルボンに過剰包装を是正するように要求


なぜ新潟の企業2つだったのか?偶然、新潟の企業だったのか?

真相はわかりませんが、とにかく新潟の製菓メーカーが狙われましたね…

今はビニールごみを出すなとうるさいけど、包み紙を芸術作品級のドレスにするなら文句ないはず。



とまぁ、センシティブな話題は置いておいて、この記事を読んで「ハッピーターン」を食べたくなった人もいるはず。

食べたくなったら食べようじゃないですか。